カテゴリ
全体
愛と悪の果てしなき近似値
『悪』の花咲く時代に生きる
未分類
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
War And Peace
from War And Peace
Buckley Will..
from Buckley William
Global Cooling
from Global Cooling
Coptic Chris..
from Coptic Christi..
Jane Torvill
from Jane Torvill
William F. B..
from William F. Buc..
Thornburg Mo..
from Thornburg Mort..
Paula Jones
from Paula Jones
Greg Oden
from Greg Oden
11 Planets
from 11 Planets
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
咲かせてみせよう悪の華
三度の飯よりケンカが好きだった。

お天道様にツバ吐きかけて、肩で風きり闊歩していた。
癪に障れば殴りつけ、気に入らない事にケリをくらわせてきた。

ぶっちゃけた話、
人間関係における最高のスキンシップはSEXではなく、ケンカだと信じてた。

オレは腐った社会のちょっとした革命家だと自負していたが、
ゲバラのように崇め奉られる事など一切なく、周囲はオレをゴミと罵った。

何かがオレには欠けていた。
そしてオレは全てを失っていった。

美学のない暴力は、いや、美学のない全ての行為は全部クソだ。
何もかも、「華」がなくてはクソなんだ。

「華」・・・。ある人は「品」という。ある人は「粋」という。
生きとせ生きる万物は、「生」を消費する事ではなく
「華」であろうとする事で、個別の魂としての意義を得る。

善悪など問題ではない。
中途半端な「善」ならば、杓子定規の「善」ならば、
ギラギラと美学輝く「悪」であった方がいい。

咲かせてみせよう悪の華。
それが、オレにできる唯一の生き方なのだから・・・
[PR]
by walsaw | 2006-02-02 13:13 | 『悪』の花咲く時代に生きる